予約時のQ&A
(入会・乗馬編)



入会や乗馬メニューに関するQ&Aです。
予約時に多い質問です。



関連 ページ

   お客様から受けたQ&A(馬編)



お客様の質問 マリンの答え 備考
どの施設も馬とのコミュニケーションと書いてありますが、何の意味でしょうか?
確かに安易に馬とのコミュニケーションを書く施設が多いですがコミュニケーション方法(操作主体)を指すことが多いです。或は、単に馬とのふれあいを示す場合があります。
マリンズステーブルでは、馬の気持ちが理解でき、馬の思考や気分をリーダーとしてコントロールしていく乗馬を目指しています。
会員には馬の本能的な思考、行動、個々の性格を理解することから始めます。
騎乗、ブラッシング(騎乗前の汚れ落としではない)、馬を馬場まで連れていく等それぞれの場面で理解していく方法をお教えしています。
馬房にいても馬を最小限の指示で思うところに移動させる手段、馬場まで連れていくのについてこない馬の対応や馬房に向かって急いで帰る馬の対応、騎乗の場合は馬鹿にされない方法、柵に行きたがる、小さく回りたがる馬の癖を補正する方法、手綱を持たずに馬をコントロールする方法等々様々なシチュエーションで学んでいきます。究極は、自分が右に回ると考えたら馬に気持ちが伝わり右に回る、馬が疲れたと感じたら休んであげる、飽きたと感じたら他の動作に移るといった本当の意味での人馬一体を目指します。
空いていれば当日予約なしでもOKですか?
たまに頂く質問です。当クラブは、会員優先を徹底しています。当日、予約なしで騎乗が可能なのは会員のみです。
会員の予約がなく空いていても、いつも来られる日時を当クラブで把握していますので、予約を入れずに空けておきます。
観光乗馬中心の施設は予約なしで騎乗が可能ですが、当クラブは会員をメインとした施設です。
会員の性格や乗馬の目的を理解し、会員枠を設けています。予約なしの騎乗や見学、小さなお子様連れはお断りしており、引馬は行っておりません。
どこの施設でも「初めてでもOK」と書いてありますが、マリンズさんも大丈夫ですか?
よく頂く質問です。観光乗馬を行っている施設は多くの場合、初心者でも大丈夫とうたっています。
考えてみてください。馬術を教えない、行わない施設で初心者でも大丈夫かどうか?経験者でも満足でき、馬術が出来る施設でないと初めての方に教えられないでしょ!
マリンズステーブルは会員制乗馬クラブで会員の方に馬術を教えていますから、初めてでも大丈夫なのです。
観光乗馬のみの施設では、殆ど馬の調教や馬の状態を把握していません。言い換えると、調教もしないで何週間も使っていない馬をいきなり初心者に使用するわけです。
事故が起こる危険率は高くなりますよね。風の特に強い日や発情している、急に気温が下がっている等プロならば事前に対応できるのですが、悲しいかな観光乗馬では対応できないのです。
どこの施設が馬を調教して、管理ができているかはホームページやブログで自分から判断するしかないのです。経験者はもちろん観光乗馬施設やホースセラピー、障害者乗馬施設にはいきません。
調教していない馬がどれぐらい怖いか知っているからです。
歩くだけだから大丈夫だろうなんて、初心者だから思うことなのです。歩くだけのトレッキングで集団暴走はあるのですよ!馬が調教され、先導がプロなら回避できますがそれが無いのですから。
予約した当日都合がつかなくなったのですが?
都合が悪くなった時点でお電話ください。
馬の下乗りや餌のコントロール、鞍付け等の準備を予約に合わせて行っています。馬のためにもキャンセルは早めにお知らせください。

騎乗のどれぐらい前に行けばよいですか?
15分から30分前が良いでしょう。
騎乗前の説明や靴の履き換え等余裕が必要です。馬に触れ合う時間もあれば良いでしょう。

予約時間に遅れそうなのですが?
遅れるとわかった時点でお電話ください。次の予約のお客様に影響がでます。
次のお客様に影響が出る場合、騎乗時間の変更やスタート時間の変更、翌日に振り替える等をご案内します。

次のお客様に影響が出ない場合は、その旨お伝えしますので、ゆっくりとお越しください。
ヘルメットやブーツの他に貸してもらえる物は?
ヘルメット、ブーツ、プロテクター、秋用、冬用上着、手袋があります。
数とサイズに限りがありますので、自分が使い慣れた必ものをお持ちいただくのがベストです。
忘れたときにご利用ください。
着替える場所はありますか?
あります。


食事や休憩をとれる場所がありますか?
市ですから、近くにレストラン等がございます。
また、馬場に接する場所に簡易ルームもあり冷暖房完備です。
テーブル、チェアを屋外にも設置しております。ご自由に利用ください。
宿泊施設はありますか?
近くの古民家民宿、温泉施設等をご利用ください。

車がないのですが、近くの駅まで送迎はありますか?
京都方面からは、JR園部駅経由JRバス福住バス停からはガソリン代実費1,000円。
大阪方面はJR篠山駅から、当施設までガソリン代実費往復2,000円でお受けします。ただし、事前予約必要。
ゴールデンウイーク中前後、秋の連休等、土曜、日曜、祝日、お一人様の送迎はお受けできません。
初心者、初級者、中級者、上級者とは?
初心者とは乗馬を初めての方、乗馬クラブに通っているが丸馬場で行っている方
初級者とは、常歩、速歩の左右や速度コントロールができて、駈歩が継続できる方
中級者とは、どんな歩様でも左右や速度コントロールができ、ハミ受けや屈頭、収縮、半減脚、レッグイールドを含め横の動きができる方
上級者とは、中級者と同様のことが他の人から見て、手や足を何も動かしていないように見える程、微妙なコントロールができる方
ブリティシュの級で言えば、4級までが初心者、3級が初級者、競技に必要な2級以上が中級者、上級者はどんな状況下でもどの馬でもコミュニケーションが取れ、コントロールできる方といったところでしょうか。
この技術ができれば中級者、上級者といったものは無いのですが、馬が自ら動くように乗っている、馬がリラックスして乗り手に従っている等精神面でのコントロールを見て私は判断しています。
この点で判断すると大抵は実力を計ることが出来るのです。初級者は馬への操作で無理強いし、馬と喧嘩して負ける。(動かない、逃げられる)中級者は時々無理強いし、たまには勝ったり、負けたり。上級者は無理強いしても常に勝つが、その後は優しく接し馬とのコミュニケーションが取れ、馬の精神をコントロールでき馬がリラックスし一体感がある。(人馬一体)
貴方のレベルは?どうでしょう?
外乗レッスンとレッスンどう違うの?
外乗レッスンとは、トレナーが培った外乗で自分の命と馬の命を守ることを念頭に置いた技術で、調教のスタイル、調教の有無を問わず馬の本能(反応)に沿って人馬とも安全に外乗を頼む技術を学ぶスクールです。
ただ単に着いていく外乗ではなく、コントロールすることを念頭に学習します。馬場内で学習し、自分で身を守る方法を学びます。また、受けたあと悪い所を克服していくプログラムです。外乗を安全に楽しむレッスンといったところです。
どんなに安全と宣伝していても、リスクが高いのが外乗です。先導がプロが行うと思っているのは貴方だけです。殆どの施設でバイトや経験の浅く、馬術をしたことがない先導者が道案内として先導しているのが現状です。
自分は自分で身を守るのコンセプトのもとに馬の興奮状態の把握や強制的に制御する方法、先導の馬に着いていかせないで、自分のコントロール下に置く方法を学びます。数回受けていただくことをお勧めします。

乗馬体験と初心者レッスンどこが違うの?
乗馬体験は一度馬に乗ってみたい方向け。
初心者レッスンはこれから乗馬を始めたいと思う方向けです。
初心者レッスンを2回としているのは、1回目で上手く動かすのは難しいからです。だから、2回なのです。
どうせやるなら走りたいという方には、4回コースがお勧めです。
傷害保険は強制ですか?
当施設はプロトレーナーが常時馬を調教しており、インストラクターが常時皆様の安全を見守っております。
トレーナーやインストラクターの指示に耳を傾けていただければ、安全は確保できます。それでも万が一、事故が起きた場合は施設側の保険を適用いたします。(経験者で操作ミスによる落馬を除く)
会員として乗馬を継続される方は、自分の操作ミスによる落馬のために加入をお勧めしますが、強制ではありません。
安全確保は保険ではなく、トレーナーやインストラクターが調教や見守ることを通じて確保するのがプロの乗馬施設なのです。